生理痛の緩和が目指せる低用量ピルとは

生理痛の緩和が目指せる低用量ピルとは

みなさん、低用量ピルって知っていますか。

低用量ピルは、人工の女性ホルモンが含まれており経口避妊薬とも言われています。
避妊効果が高くて有名なお薬ですが、生理痛の軽減や経血量の減少にも役立つんです。

服用すると、ホルモンの分泌量をコントロールするので月経周期も安定します。

ホルモンバランスや月経周期のリズムを整えて、生理痛が起こりにくくなるというわけなんです。

近年では、生理痛で婦人科を受診した女性を対象に、低用量ピルが処方されるケースが多く挙がっています。

もし気になる!試してみたい!と思ったら、低用量ピルの効果や飲み方について詳しく見ていきましょう。

低用量ピルで生理のトラブルを防ぐ!

生理痛、生理不順、子宮内膜症、排卵痛、PMSの改善に低用量ピルが有効です。

「子宮内膜症にまで効くの?」と、驚かれる方もいるかもしれません。服用を続けると、子宮内膜の増殖を抑える作用があるので子宮内膜症の治療にも用いられているんです。

薬の作用として、月経時の出血量の減少、痛みの軽減や消失に繋がると考えられています。また主成分には人工の女性ホルモンが含まれているので、正常なホルモンバランスへと導く効果も。

生理関連のトラブルを抱えている方には、ぜひ試して欲しいお薬です。

痛みの原因をおさらいしよう

生理痛が生じる要因の一つに、プロスタグランジンという物質が関係しています。プロスタグランジンは子宮内膜から作られる物質で、生理の経血を体外に排出する役割を果たしています。

適量であれば、プロスタグランジンは身体にとって必要な物質。しかし大量に生成されると、生理の経血を体外に排出するために子宮の収縮を強めるので痛みを誘発します。

子宮内膜を薄くすれば痛みが和らぐ

低用量ピルを服用すれば、子宮内膜の増殖が抑えられます。その結果、子宮内膜から作られていたプロスタグランジンの量も減少。プロスタグランジンが減ると子宮の収縮を抑えられるために、生理痛の緩和に繋がるというわけ。

生理不順も治るって本当?

低用量ピルには、生理周期を整える効果もあります。その理由は、主成分である人工の女性ホルモン。服用している間は、主成分の働きによって妊娠しない状態になります。そして休薬期間に入ると、不要になった子宮内膜が剥がれおちて生理がくる仕組み。

つまり、
服薬中→生理がこない
休薬中→生理がくる
というリズムができてくるので、生理周期が定まっていきます。生理不順で悩んでいた女性でも、低用量ピルを飲めば次第に周期が整うんです。

月経過多も改善できる

服薬中は、子宮内膜の増殖が抑えられます。主成分に含まれる人工の女性ホルモンが作用すると、妊娠しにくい状態へと導くからです。

子宮内膜というのは、赤ちゃんを保護するために厚くなります。妊娠しにくい身体の状態になると、子宮内膜が厚くなるのを防ぐので経血量も減るんです。

生理中の出血は、剥がれ落ちた子宮内膜。子宮内膜が薄いとその分、剥がれ落ちる量も少なくなるので生理の量も少なくなります。

低用量ピルの飲み方について

一般的なお薬と比べて、低用量ピルの飲み方は少し変わっています。お薬の効果をしっかりと発揮させるには、ただしい服用方法について理解しなければいけません。

ピルは、1シートに1クール分が入っています。21錠タイプと28錠タイプがあるので、それぞれについて説明していきます。

21錠タイプは、月経が始まった日から服用を開始。1シート分を毎日1錠ずつ飲み続けましょう。22日目から28日目までの7日間は、休薬期間に入ります。29日目からは、2シート目を飲み始めて同じように服用すれば大丈夫です。

28錠タイプには、プラセボ(偽薬)が含まれています。プラセボは、飲み忘れを防ぐためのもの。21錠タイプと違って、休薬期間はありません。1シート目を毎日1錠飲み続け、その後2シート目と休薬せずに服用を続けられます。

生理トラブルが解決すれば、日々の生活がより快適になるはずです。低用量ピルを試したいと思ったら、レディースクリニックや婦人科で処方してもらえます。また通販で購入するのも可能なので、検索してみてください。