低用量ピルには種類がある

低用量ピルには種類がある

飲む避妊薬と呼ばれる低用量ピルですが、生理痛や生理不順と言ったトラブルの改善にも役立ちます。

生理は毎月訪れるものなので、そのたびに身体の不調や痛みを感じたら辛いですよね。仕事や日常生活に支障を及ぼしているなら、すぐにでも改善したいと願っているはずです。

もしピルを飲んで生理のトラブルを防ごうと考えているなら、お薬の選び方について学んでおきませんか。ピルには種類があるので、知識があった方がお薬を選びやすくなります。

それでは、どのような種類があるのか確認してみましょう。

3つのタイプに分かれる

低用量ピルには、1相性、2相性、3相性の3つがあります。それぞれは、配合されているホルモンの分量が異なっているんです。

どのお薬にも主成分には、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。これらのホルモンが分泌されると、排卵をコントロールし子宮内膜の増殖を防ぎます。

1相性→卵胞ホルモンと黄体ホルモの量が同じ
2相性→2段階でホルモン剤の配合量が変わる
3相性→3段階でホルモン剤の配合量が変わる

1相性の特徴

配合されているホルモンの量が少ないので、身体に馴染みやすいと言われています。1相性の場合、1シートに入っている錠剤の成分は内容がすべて同じです。

配合量が一定なので、服用中は体内で女性ホルモンを一定に保てます。

1相性の商品には、マーベロンが挙げられます。代表的な商品で、婦人科かレディースクリニックでも取り扱われています。

多相性の特徴

2相性や3相性は、多相性ピルとも呼ばれます。1シートの中で、錠剤によって成分の配合量が異なっているのが特徴です。

なぜ配合量が違うのかというと、体内のホルモンバランスにより近付けるために調整しているから。体内では、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌が減ったり増えたりしています。

身体の状態に近いバランスを維持すれば、負担を少なくして服用できるというわけです。主に用いられる商品として、トリキュラーが挙げられます。

どのお薬がいい?商品の選び方

自身の体質や症状に合わせて、商品を選ぶのが大切です。1相性は男性ホルモンの作用が少なく、ニキビ改善にも役立ちます。生理のトラブル&にきびでお悩みなら、マーベロンを試してみてください。

3段階に分けて成分が配合されているトリキュラーのようなお薬は、本来のホルモンバランスに近いためPMS(生理前症候群)にも効果的。

生理前のイライラや頭痛、むくみといった症状でも困っているなら、トリキュラーが最適です。

緊急時に役立つのはアフターピル

避妊に失敗したと思ったときに飲む、アフターピルというお薬があります。性交以後12時間以内に服用すれば、99%妊娠が防げると言われているんです。

アフターピルには、主成分にレボノルゲストレルという黄体ホルモンが含まれています。服用すると、排卵を遅らせて受精卵の着床を防ぎます。

低用量ピルと同じく女性ホルモンを主成分としているので、豆知識として知っておくと良いですよ。ただし服用の目的や飲み方は異なるので、混合しないように注意が必要です。