1. 緊急避妊に欠かせないアイピル通販で避妊成功率アップ   >  
  2. アイピルはノルレボの後発薬

アイピルはノルレボの後発薬

ジェネリック医薬品の錠剤と説明書

ノルレボは、レボノルゲストレルを有効成分にもつ緊急避妊薬であり、病院やクリニックで緊急避妊が必要なときに限り処方されます。
レボノルゲストレルとは、女性の体内で黄体ホルモンに似た働きをしてくれる成分です。

この成分によって排卵や子宮内膜増殖抑制の作用が起こり、受精・受精卵の着床を防いでくれます。
また、成分の吸収が終わると同時に黄体ホルモンの分泌終了(本来は生理を引き起こす合図)と脳が判断して、生理が引き起こされるのです。

この生理を引き起こす作用は、生理周期のどのタイミングであっても妊娠していない状態であれば必ず起こるので「強制的に生理を起こす」ともいわれます。
つまり妊娠の成立前、受精卵が子宮内膜へ着床する前であれば、ノルレボの服用によって緊急避妊は成功するといえるのです。

必要な場合に限ってですが、病院でも処方が認められているノルレボの後発薬であるアイピル。
後発薬はジェネリック医薬品とも呼ばれ、先発薬(ノルレボ)をもとに作られているため開発にかかる費用がとても安く済んでいるのです。

その結果、後発薬は販売価格も先発薬に比べて安いので、手に入れやすいでしょう。
ただアイピルは日本で未認可なので、通販サイトでしか購入できません。

病院処方の場合は診察や検査費用が加えてかかってしまいますが、アイピルを通販で買う場合は薬代だけで済むのでお得です。
先発薬であるノルレボは保険適用外で自由診療のため、薬代だけでも1錠で1万円前後かかってしまいますが、アイピルは1錠1400円程度で済みます。

また通販なら購入金額によって還元ポイントもあるので、次回以降ポイントで割引をすることもできます。
ただ必要になってからでは通販でしか買えないアイピルは間に合わないので、事前購入はアイピル・緊急時にアイピルが無いときに限り病院でノルレボを買うなど使い分けるようにしましょう。