1. 緊急避妊に欠かせないアイピル通販で避妊成功率アップ   >  
  2. アイピルがもつ高い避妊効果

アイピルがもつ高い避妊効果

お腹を両手で押さえる女性

緊急避妊をしたいときアイピルを服用すると、セックスから72時間以内であれば約75%・24時間以内であれば約95%という高い確率で避妊効果を発揮してくれます。
このとき有効成分であるレボノルゲストレルが、排卵抑制とともに子宮内膜の増殖抑制にも働きかけるのです。

本来女性の体内では、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌によって子宮内膜の増殖や排卵が引き起こされます。
そして黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されると卵胞ホルモンの分泌は終わり、子宮内膜の増殖も止まり、排卵が起こり妊娠できる準備が整っている状態だといえます。

レボノルゲストレルは、黄体ホルモンと同じような作用を持っているため、アイピルを飲むことで子宮内膜増殖・排卵を終えた状態だと勘違いを起こすのです。
その作用によって、精子が侵入していたとしても受精を防いだり、受精卵が形成された場合でも子宮内膜にうまく着床できないことから、妊娠を回避できます。

また黄体ホルモンの分泌終了は生理開始の合図であり、アイピルの成分であるレボノルゲストレルの吸収が終わると、生理が引き起こされるのです。
ただしその時の生理周期が影響する場合もあるため、アイピル服用から3日〜3週間のあいだに生理は起こります。

生理予定日もしくは服用から3週間以上経過しても、生理が起こらないときにはアイピルでの避妊に失敗して妊娠している可能性が高いので、妊娠検査薬もしくは婦人科・クリニックなどを受診しましょう。
時間が経てば経つほどに、中絶も難しくなってしまうため迅速に対処することをおすすめします。

アイピルを飲むだけで緊急避妊ができるので、繰り返しできると思ってはいけません。その分大きな負担もかかるため、どうしても必要なときに限り緊急避妊をおこなうようにしましょう。